Wednesday, November 10, 2010

ロンドンお勧めスポットNo.1:Dennis Severs' House

Liverpool Street駅近くの裏道、Folgate StreetにあるDennis Sever's House


イギリス好きのアメリカ人Dennis Severs氏が30年前に購入したこのGeorgean時代のお家。彼が20年の歳月をかけて内部の部屋を18世紀〜19世紀のインテリアに見事に修復、改造した素敵な邸宅です。
そして興味深いのは彼の独特の改造方法。
「シルク織り職人のJervis一家」という架空の家族がこの家に今でも住んでいるという設定で、どの部屋もJervis一家の息づかいが感じられるように綿密に細工されてあります。

これはSmoking Room。ついさっきまで誰かがパイプでタバコを吸っていたように、吸い殻からまだ煙が・・・。


ダイニングルームのテーブルにも、かじられたパンと食べかけのスープ。

ベッドは乱れたままで、すぐそこを住人が歩き回っているような足音も聞こえてきます。
一番上の階は、(多分)使用人部屋という設定。


時間を忘れて、18世紀のイギリスにタイムトリップしたような錯覚に陥るこのお家。通常の入場料は12ポンドですが、第2と第4月曜日の昼間だけは5ポンドで入れます。
ゴージャスでPricelessな時間が過ごせること請け合い。
Dennis Severs House

18 Folgate St, Spitalfields
, London E1 6BX

http://www.dennissevershouse.co.uk/

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村


No comments:

Post a Comment