Monday, December 27, 2010

After Christmas

クリスマスが終わってほっと一息ついている今日。とにかくイギリスという国は、アメリカに比べてクリスマスへの意気込みが格段に強いので、この祝日が終わるとどっと疲れが出るのは歳のせいだけではないはず(と思いたい)。

10月はハロウィーン、11月にはサンクス・ギビングと、二つの国民的大イベントが続くアメリカでは12月に入ってやっとクリスマスの準備が始まるけど、そのどっちのイベントにもご縁がないイギリスでは、10月位から既にそこら中でクリスマスのPRが始まっちゃう。2ヶ月以上もクリスマスに注ぎ込む時間とエネルギーがこのイギリスにはあるという訳。
イギリスの伝統的なクリスマスのデザート、クリスマス・プディングは遅くても9月中に作って熟成させておくのが当然で、ローストする七面鳥も11月上旬までにはお肉屋さんに予約します。ああ大変。

我が家のクリスマス3日間の過ごし方は、

Day 1:まずクリスマス・イブはお家でシーフード中心のお食事。キャビアのカナッペ、エビとアボカドのカクテル、グリルド・サーモン、栗のムース等。そして明日は朝が早いので早めに就寝。
Day 2: クリスマス当日は、うちから車で2時間の村にある義理の妹のエコ・ハウスへ向う。毎年ここに親戚一同が集まって、泊まりがけでクリスマスを過ごすのが習わし。

私の習わしはというと、行きしなに通り過ぎるストーン・ヘンジへ車窓越しに手を合わせて「今年はいいプレゼントがもらえますようにっ」と祈ること。この願いが叶った事は未だにないので、この石たちは帰路で私にガン付けられることになる。
だから神社じゃないんだってば!

クリスマス・ランチのメニューは、七面鳥のローストにクランベリー・ソースとグレイビー、ロースト・ポテト、芽キャベツとベーコンのソテーなど。デザートにはレッド・ベルベット・ケーキ、2ヶ月熟成した例のプディングにたっぷりのブランデー・ソース、数種類のチーズ、と続く。そして苦しいお腹を抱えながらやっとプレゼント交換。今年もストーン・ヘンジのご利益はない。
その後は、夜中までみんなでワインやシャンパンを飲みながらゲーム大会。私は大抵みんなが酔っぱらっているうちにこっそりベッドルームにドロンします。
Day 3: 26日はボクシング・デーと言われる休日。みんなお昼頃に起き出して、近所のパブにランチを食べに出かける。ここでもロースト・ビーフやロースト・ポーク系の食事が続く。もうここら辺でイギリス料理を口に押し込む事に限界を感じる茨城県民の私。I miss 納豆。

そのランチの後でやっと解放!もとい、解散。クリスマスにしか会わない親戚のおじさまおばさまに「また1年後にね〜」と言ってお別れ。しかしこの1年という期間が妙に短いのよね、最近・・・。
とにかくwishin you all a very merry Christmas and a happy New Year!

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

5 comments:

  1. なんだか読んでるだけでおなかいっぱいだわ!!!
    日本は、クリスマスが終わるとすっかり正月気分。
    これからは餅との戦いよ~。

    ReplyDelete
  2. でもさ、餅は米と水でしょ。日本食って本当にヘルシーよね。イギリス料理ってとにかく肉、バター、チーズ、油の世界よ。ヘビーで胃がもたれるのもたれないのって。
    お雑煮食べたいわ〜。

    ReplyDelete
  3. イギリスもドイツも“大食い大会”ですね^^;
    私もここ数日でやや胃が拡張しているような!?

    今年は(ネット上ですが)お世話になりました☆
    また来年も素敵なブログ楽しみにしていますね♪
    2011年が益々輝かしい1年になりますように!!

    ReplyDelete
  4. しんぱんまん☆December 29, 2010 at 8:13 PM

    ははは・・・ちとイギリスのクリスマス忘れてたよ!!
    イブのシーフード中心ってのは、かなり羨ましい〜
    今は、納豆食べ放題やで!!

    ReplyDelete
  5. miklaさん
    あけましておめでとうございます。 年開けた今でも胃が思いです・・・。今年もよろしくお願いします!

    しんぱんまん
    奈良人でも納豆食べるんだ・・・。いつイギリスに帰ってくるんだっけ?今年もアンティークショップ巡りしようね。

    ReplyDelete