Friday, December 3, 2010

I Heart 土浦

小さい頃母とお買い物に行くときも、中学生の頃友達と遊びに行く時も、決まって土浦だった私。つくば万博以来客足をすっかりつくば市に取られてしまって、今では見事なゴーストタウンになってしまったけど、そこは室町時代からの城下町である土浦。古い日本家屋が残る区域や昔ながらの商店街がまだ残っていて、今でも大好きな街。帰国するたびにブラブラするのが定番なのです。

まず創業130年の蕎麦屋、吾妻庵で腹ごしらえをして、

江戸時代から営業してる矢口酒店の前を通って・・・
偶然見つけたのが、このとっても味のある怪しい喫茶店。最近やたらめったら「カフェ」は存在するけど、「喫茶店」を目にする事は極端に少ないので、昭和ファンの私は大興奮!!


店先には「営業中」の看板と、気持ち良さそうに昼寝する猫が。これは入らない訳にはいかないよねえ・・・。
恐る恐る足を踏み入れると、入り口付近のカラーボックス(死語?)には年代物の週刊ジャンプと月刊りぼんが並び、店内にはテープでジャズが流れていて、思わず『Yes!!』。

しかも、何とここのオーナーのおばさん(奥)と私の母(手前)が高校の同級生だった事が発覚。昔話に花が咲きます。
『○○さん覚えてる?今入院中なのよ。』
『○○先生覚えてる?去年亡くなったのよ。』

この喫茶店、夜はお酒が飲めるそう。テープで流れるジャズを聞きながらこの空間で飲むお酒・・・。来年帰国するときのTo Doリストに加えておこうっと。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

2 comments:

  1. 初コメントの中学同級のmari.oです。
    懐かしい土浦の写真に思わずコメントしちゃいました。
    里帰り満喫してる(してた?)みたいですね~
    私もゆっくり里帰りたいな~。

    ReplyDelete
  2. mariさん

    元気?!今はどこに住んでるんだっけ?そういえば中学のころ一緒に買い物に行ったよね、Wingと丸井に・・・。今はどっちもないけどさ。懐かしいわ〜。
    先週末にイギリスに帰ってきたけど、日本には2週間くらいいたの。おらくんと会ったよ、あと祐子と電話でしゃべった。mariさまにも会いたいわー!

    ReplyDelete