Sunday, July 31, 2011

100年前の本

一昨日訪れたアンティーク・ショップで、こんな本を見つけました。どちらも1911年に出版されたものみたい。

右の”How the dreams came true”、日本人が飛びつきそうなタイトルに私ももれなく飛びつきました。100年前のイギリスの女の子はどんな夢を持っていたのか?と興味をそそられたので。

左は”7 years for Rachel”。なんか男の人が女の人に迫ってる表紙の絵。7年間レイチェルを追いかけた男の怖い話でないことを祈る。

しかし最近は電子書籍や本の装丁のデジタル化が進んで、こういう温かみのある本が少なくなってきていて残念。やっぱり本はこう、手にずしっときて独特の紙の匂いのする本じゃないと!私の愛するちくま文学の森シリーズのように。

2 comments:

  1. レイチェルの本の内容かなり気になります!w読んだら教えてください♪

    ReplyDelete
  2. akina さん
    ちょっと読み始めたんですけど寝る前に読むのにぴったりなの、必ず眠くなるから・・・。

    ReplyDelete