Thursday, September 8, 2011

バースデー・カップケーキ

私の住む街に、15世紀に設立されたパブリック・スクールがあります。先日、ジャージー島に住むご夫人から、そのスクールの寮に住んでいる息子さんの16歳の誕生日にカップケーキを届けて欲しい、との注文がありました。
ジャージー島はフランスの近くに浮かぶイギリス領の小さな島。この島はイギリス本土より税率が大分低いので、大金持ちの方々が税金対策に住んでいるケースが多いらしい。

へい、お待ち。

オーダーをしてくれたご夫人も、きっとそんな方なのかしらん・・・なんて思いながら届けてきました、1ダース£18のカップケーキ。

うちの旦那さんもこのパブリック・スクール出身なんだけど、彼の16歳の誕生日の時はおばあちゃんがケーキを焼いて届けに来てくれたんだそう。私もそんなおばあちゃんになりたいな。


にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村





No comments:

Post a Comment