Monday, July 2, 2012

イギリスのカップケーキ・コンテスト

今日はロンドンで開催された『National Cupcake Championship(全国カップケーキ選手権?)』に出場してきました。年に一度行われているこの選手権、一次審査を通過するとロンドンのコンテスト会場に招待してもらえるという催し。このカップケーキたちを持って行って参りました。

自信作!だったんだけど・・・

会場にはイギリス中から集まったカップケーキの達人たちが約50名集合!よーく観察&お話ししてみたんだけど、『作ったカップケーキは必ず味見するわ!』という感じの方々と、『作ったカップケーキ、食べた事ないです』という感じの方々(私はこっち)の2タイプに明確に別れておりました。

そしてこの出展された素晴らしいカップケーキたちを観よ!イギリスのカップケーキはシュガークラフトが主流らしく、私のようにアメリカのバタークリームでデコレーションをしてるカップケーキは少数派。
ジュビリー・カップケーキ
皆、カップケーキの上に細々したモノたちをシュガークラフトでめいっぱい乗せてるっていう印象でした。すごく時間がかかるのでは・・・。一ついくらチャージするんだろう?
『不思議の国のアリス』カップケーキ
ティーパーティー・カップケーキ、こ、細かい!
ティーカップカップケーキ

審査員の中には、ロイヤル・ウェディングでウィリアム&ケイトのウェディング・ケーキを作ったフィオナ・ケアンズ女史も。
 そしてこちらで受賞者 さんたちの作品をご覧頂けます。ちなみに私は何も受賞できませんでした!また1から修業し直そっと。
『And the winner is......』


2 comments:

  1. ティーパーティーカップケーキ。。。
    見るのはいいけど、味はどうなんでしょうね?
    カップケーキ選手権って、味重視?見た目重視?両方?
    私は、サツキさんのカップケーキがいいなぁ〜

    ReplyDelete
  2. 春子さんコメントありがとうございます。どうなんでしょうかね、多分味の方が重要視されていたと思います。私みたいなアメリカンなカップケーキよりも、繊細なシュガークラフト系のカップケーキが好まれていたみたいです!

    ReplyDelete