Sunday, May 19, 2013

My Beautiful Friends: vol2.ジャスティーン・D

90年代以降のニューヨークのナイト・ライフを語る時、彼女の名前が挙がらない事はない!と言われるほどLegendaryなDJ、Justine D。

 

今でこそ女の子DJは掃いて捨てるほど居るけれど、ジャスティーンがDJをし始めたのは男の子DJばかりだった90年代の事。丁度私が大学を卒業して、マンハッタンで遊び出したその年と一緒!毎晩朝まで踊ってたその頃は、ニューヨークがすごく元気でrawだった時代。ジュリアーニ元ニューヨーク市長がまだ猛威を振るっていなかったあの頃・・・。そういう訳でそんな時代に毎晩クラブで会う様になって仲良くなったのがこのジャスティーン。もの凄くフレンドリーでチャーミングな女性なのです。

実は私もバンド活動の傍ら、2000年から2004年くらいまでニューヨークのクラブ等でDJとしても活動してたんだけど、何度となく男の子がDJブースに寄って来て『Excuse me, but....are you Jusine D?!』と聞かれたものでした。私の応えはいつも
『I WISH!!』(笑)。

Facebook上で、彼女がペイストリー・スクールを卒業してケーキ作りをサイドビジネスにしているという情報をゲッド、早速「今度ニューヨークに行くから一緒にケーキ作ろうよ!」と連絡して、それが実現したのが今日。ブルックリンのプロスペクト・ハイツに住む彼女の可愛いキッチンにお邪魔しました。



「ライム・ライトのあのパーティ覚えてる?」「パラディアムはNYUの寮になっちゃったの知ってる?」「いつも一緒に踊ってたクロエ(セヴィニー)はあんなに有名になっちゃったねえ」等、色んな話に花を咲かせながら、ターンテーブルの様にケーキテーブルをクルクルとスピンする彼女。私はケーキを焼く行程が嫌いでデコレーションが好きなんだけど、ジャスティーンはケーキを焼く行程は好きだけど、デコレーションが嫌いという人。いいコンビなのです。
 

そんな2人が一緒に作ったケーキがこれ。「いつかふたりでニューヨークにケーキ屋さんをオープンしようよ!」と盛り上がったのでありました。

No comments:

Post a Comment