Monday, August 19, 2013

また、南仏より。

南仏にどっぶり漬かっております。プロヴァンスで過ごす夏の何がいいかというと、蝉の声が聞こえる所。日本の夏はもう20年位経験していないし寒いイギリスには蝉が居ないので、蝉の声に囲まれると『ああ〜夏だわ、夏!』としみじみしてしまう日本人の私。

プロヴァンスと言えばロゼワイン。普段はそれほどお酒を嗜まないのだけど、ホリデー中は私、昼からやります。(と言うか、出発する空港のバーで既に飲み始めます)この家の周りにもワイナリーが星の数ほどあるので、スーパーに行くと安くて美味なロゼワインが沢山あって小躍り。しかもボトルで5ユーロくらい。


 イギリスでは既に秋が近づいてきているらしく、既に気温が19度くらいらしい・・・。
南仏を舞台にした映画ですぐ頭に浮かぶのが、ジーン・セバーグ主演の「悲しみよこんにちは」フランソワ・オゾン監督の「Swimming Pool」、3つめが「A Good Year」。これの邦題わからないけれど、マリアン・コティヤールとラッセル・クロウが出てるやつ。ま、3つめはいいとして、先のふたつはお勧め。というか、『悲しみよこんにちは』は私の『Top 10 Favorite Films』にずっとランキングしてます。セシル役のジーン・セバーグの可憐さとスタイリッシュさにうっとりする事受け合い。

続きはイギリスに帰国してからゆっくり書きます。

No comments:

Post a Comment