Saturday, January 25, 2014

ロングアイランドにて。

話が前後して申し訳ないのですが、イギリスの冬からの現実逃避も兼ねて去年の夏に私の親友Jamesのロングアイランドにある実家に遊びに行って来た時の日記。

大学の先輩だったジェームス(ブラッドリー・クーパー似)は、留学生だった私を事あるごとに実家に呼んでくれた人。なので、彼の家族は私の第2の家族という感じ。サンクスギビングもク リスマスもこのマシュー家で過ごして、私がめでたく大学を卒業した時も家族親戚のみんなでサプライズ・パーティを開いてくれたものでした。
このマシュー家、ベイを望む岡の上に建っているのでなんと目の前が海!夏はここで日が暮れるまで泳いで過ごしてた私。ここからボートを10分位漕いて行くと、陸からは決して辿り着けないこんな素敵なプライベートビーチにも行けちゃうのです。大昔に一緒にこのビーチに行った日本人の男の子がずーっと海を眺めた後に一言、『戦争に負けて当然だよなあ・・・』とつぶやいていたっけ。

更に、このベイでムール貝、アサリ、ハマグリ、そしてちょっとボートを出せばヒラメ、ロブスターやスズキetc.が捕れるのです。家庭菜園ならぬ、家庭海岸!

3年ぶりの訪問だった私『ロブスターとスティーマーズ捕っておいて!!』とリクエストしておいたんだけど、想像を優に超える巨大なロブスターとバケツ一杯のスティーマーズが待ち構えていてびっくり。
猫?犬?


こんなにデカいロブスターなんて大味で不味いんじゃない?と思うかもだけど、そんな事全くなくて本当に本当に美味なのですっ。ニューイングランドのロブスターを初めて口にしたうちの旦那さんは『Oh my god!!』を連発。

私の大好物の スティーマーズと呼ばれるこの貝、蒸した汁(奥)でちゃっちゃとすすいでから溶かしバター(手前)に付けて食べます。美味!
 
 
茹でたロブスターを溶かしバターにつけて美味しくいただいた次の日は、ロブスター・ビスクやロブスター・ロールにして食べるのがまた一興。マシュー家では、おばあちゃんと孫娘が仲良くロブスターの身を取り出す光景がよく見れます。日本の母子が一緒にさやえんどうの筋を取る作業的なあの感じ。
遠近感がわかんなくなるロブスターの頭。
Mrs Matthewsは素晴らしくお料理上手なおばあちゃんで、前回紹介したサマー・パスタのレシピも彼女から伝授してもらった物。今回も手作りの苺ジャムやチョコレート・ケーキ、海で捕れたスズキのスカンピ等、美味しいもの沢山作っていただきました。
Move over, Martha Stewart!
ロブスターがこれでもか!って位ゴロゴロ入ったこのロブスター・ビスクも美味しかったし、『帰りの電車で食べなさい』と渡されたロブスター・ロールも勿論絶品。

ちなみにマンハッタンに住んでいるジェームスは、最近この実家のすぐ隣の家を買ってもうすぐ家族で引っ越してくる予定だそう。『お母さんの料理と海が玄関の目の前にある生活がやっぱり1番なんだよ!』との事でした。

まとめ:西海岸もいいけど、やっぱりアメリカは東海岸に限ります。



No comments:

Post a Comment